登記・測量について

 土地の「分割や合併」、建物の「取壊し・新築・増改築」を行う際は、土地や建物の調査・測量を行い、登記申請を行う必要があります。
当事務所では、これらの業務を専門とする土地家屋調査士が対応いたします。

【登記完了までの流れ】

  1. 資料調査

    役所や法務局で、依頼のあった土地や建物の場所やかたち、また、所有権が、どこにあるかなどを確認します。

  2. 現地調査・測量

    土地の場合、土地の境界に埋めてある「境界標」を基準に、測量をおこないます。
    境界標は、塀や建物にくっついていたり、落ち葉や土に埋まっていたりで見つけにくく、時には、初めからない場合もあります。
    資料にもとづいて、正しい境界点に新しく境界標を設置する作業も、土地家屋調査士の仕事です。
    境界の変更があった場合は、境界に接する土地の所有者に立ち会ってもらって、新しい境界を納得してもらいます。これをおこたると、あとでもめごとが起きる場合があります。

    建物の場合、資料の図面に描かれた建物の位置と形が、実際のものと一致しているかどうかの確認をします。
    建物の種類や、利用状況、屋根の種類など数多くのチェック項目があります。

  3. 登記申請

    調査・測量結果をもとに測量図面を作り、登記に必要なさまざまな書類をつくります。
    すべての書類に、責任を明らかにするため、署名をします。
    法務局で登記申請の手続をして、仕事は完了します。

▲先頭へ戻る

業務の詳細

【土地の調査・測量】

【建物の調査・測量】

【登記申請】

▲先頭へ戻る

料金について

お電話にてお問合わせください。

▲先頭へ戻る